CASES 事例紹介

活気溢れる空間で

2018年5月、新宿高層ビルに入っている大手金融会社様の社内イベントで、弊社サービスをご利用頂きました。イノベーション創出に携わる部署の女性社員40名のネットワークイベントです。

参加者は、同じフロアにいる3部署の女性社員の皆様。「イノベーション創出」という大きなミッションを持った方々です。

今回はそのイベントで、料理空間を担当しただけでなく、弊社代表もパネリストとして、会のメインコンテンツであるパネルディスカッションにも参加させて頂く機会を頂きました。

事業をさらに強化していくため、メンバーが急に増えた部署とのこと。ご要望は業務推進のために、

1) お互いのことをまだよく知らない参加者同士が、打ち解けることができて、

2) ざっくばらんに意見を交わし、

3) コミュニケーションが促進されるような場にしたい、

でした。今回のイベントを企画運営する担当者と事前の打ち合わせでは、会の進め方から工夫することで合意。

多くの日本の企業様でのイベントは

「講演(パネルディスカッション)」→「乾杯」→「懇親会」の順で会が進んでいきますが、今回は、海外のネットワーキングイベントでよく行われる段取りで進行。

「ウェルカムドリンク」「お料理を軽く召し上がって頂きながらアイスブレイク」→「講演(パネルディスカッション)」→「飲食含む懇親会で交流&名刺交換」

新しく部署に異動してきた方が多く集う中、この運営方法は大正解!

イベント会場に集まってきた参加者たちは、ウェルカムドリンクで会話をし始め、お互いのことを知るきっかけづくりとしてアイスブレイクの時間をとったこともあり、会場には徐々に笑顔が広がっていきます。

盛り上がったところで、さぁ、パネルディスカッション! 新規事業立ち上げのヒントや、どうやって難しい場面を乗り切ってきたか、実際に起業してみてどうか、と言った話に、ウンウンと深くうなずくシーンがあったり、思わず笑い声が聞こえるシーンがあったり、そして、最後には、パネリストである弊社代表へ鋭い質問も。懇親会では、参加者全員が、楽しそうに、親交を深めている姿が見られました。

 

この会社様では、部署の垣根を超えたコミュニケーションを目的に、様々なイベントやサークル活動も積極的に行っていらっしゃるとのこと。活気溢れる空間で参加者同士の笑顔が印象に残る会でした。