CASES 事例紹介

片手で食べられるバリエーションサンドイッチ

2017年10月、恵比寿にあるOpen Network Lab様のDemo Dayで、ピッチ後の懇親会でのお料理空間をご用意させていただきました。

今回の料理空間のコンセプトは「片手で食べられる華やかなフィンガーフード」。 ご相談時に「参加者同士が気軽にコミュニケーションできるよう、取り皿の要らない片手で食べられるお料理を。」とのリクエストにお応えすべき、こちらのメニューをご提案いたしました。

今回のシェフ、はっぴぃシェフと相談し、出来上がったメニューが、5つの、形状も味も全く異なるおしゃれなバリエーションサンドイッチとフィンガーフードです。ドリンクを片手に持ちながら、手が汚れないようサンドイッチはペーパーで包み、フィンガーフードもピンチョススタイルでお出ししました。

今回のメニュー内容

サンドイッチ・バラエティ5種

・鶏ハムとトマトのバゲットサンド

・パストラミポークと野菜のミニクレープ

・スパイシーチキンのトルティーヤロール

・バジルポテサラのサンドイッチ

・ボロニアソーセージとチーズのピタパンピンチョス​

フィンガーフード4種

・イベリコ豚のロースト

・スパニッシュオムレツ

・クリームコロッケ

・2種のサルシッチョン

ピッチ会場からあっという間にパーティースペースに変化した空間は、美味しそうなお料理やたくさんのグリーンで飾り付けられ、ピッチを終えた参加者は、お料理を目の前に緊張感から解け、笑顔で参加者同士コミュニケーションを取り合っていました。

運営者様からも、「手が汚れなく食べやすくてとても良かったです」「お料理の空間もグリーンが多くて華やかで素敵でした」とコメントを頂きました。

バリエーションサンドイッチは昼夜関係なく手軽に食べられ、見た目も華やかになります。大切なイベントでもカジュアルになり過ぎずにおしゃれな空間を作ることが出来ますので、ご興味のある方はぜひご相談ください♪