CASES 事例紹介

和食が生み出す色彩豊かな上質空間

2018年6月上旬、丸紅株式会社様からのご依頼で社内セミナー後のネットワーキングタイムのお料理を、お洒落で人気なコワーキングスペースWeWork Ginza Sixにてご利用いただきました。

丸紅様からは「社内の新規事業開発を加速させるために、今後定期で開催するイベントの初回なので、参加者がまた来たくなるような特別なものにしたい」とお打ち合わせでお話がありました。

これから始まる事業に向けて、料理のチカラを活用して、社員様同士のコミュニケーションを深めていただくため、また、新しい感性に触れていただきたく、弊社が考えた今回のテーマは、「和食が生み出す上質空間」。

和食と言っても、どんなレストランでも目にすることはないような、シェフが工夫に工夫を凝らして考案したメニュー構成です。

例えば、「いぶりがっこマスカルポーネ和えのおにぎり」(和と洋の不思議な融合!)や「トリュフオイルとランプフィッシュキャビアを乗せた自家製豆腐」。これも和と洋を融合させているどころか、世界の珍味を使用した特別メニューです。

この自家製の豆腐は、低温で仕込み、通常よりも柔らかく滑らかな舌触りは箸休めにぴったり。一口食べるごとに「美味しい!」「すごく滑らか」「クリームみたい」と、あまりの美味しさに作り方を聞いている参加者もいらっしゃいました。

さらに、開催時間が夜だったこともあり、ボリュームある有機野菜の串カツや、鮮魚の利久漬け(醤油に漬けた鮮魚にすりゴマを和えたもの)をスプーン型の器に乗せて提供するなど、お腹にたまる料理、そして、懇親会用に片手で食べやすい料理もご用意しました。

和食の板前さんならではのこれらの繊細で丁寧な仕上がりの料理を囲んで、楽しそうな参加者同士の交流タイムが続いていました。おしゃれな空間、そして、特別にメニュー開発したお料理。ご用意した季節の花、アジサイも、より一層美しく見える空間となりました。

本日のメニュー

・おにぎり

(ちりめん山椒、ゆかりご飯 、海苔佃煮と明太子 、焼き鯖、ポン酢ジュレがけ 、いぶりがっこマスカルポーネ和え 、15穀米とカラスミ)

・季節野菜のピクルス

・自家製豆腐、トリュフoilとランプフィッシュキャビア

・季節の鮮魚利休漬け

・鳥唐揚げ、ミニトマトのピンチョス

・彩り串カツ