CASES事例紹介

お料理をツールにチームビルディング

過日、前月もご利用いただいた株式会社ミュゼプラチナム様の本社大会議室には、新入社員と本社スタッフ合わせて約40名が集まっていました。

この会は、本社での研修を終えた新人社員が、日本全国の営業店に巣立っていくにあたり、2ヶ月間の研修の労をねぎらい、チームワークをより強化させるための会です。

「チームビルディング」という会の目的のために、グリーンダイニングが行ったのは、なんと、数々のお料理の具材を使って、チームで取り組むメインイベントのゲーム企画とご支援。当日の運営がスムーズにいくよう、念入りに進行を決めて、お料理も準備しました。

食材を使ったそのゲームでは、参加者を5つのグループに分けて、作戦タイムを与え、チームリーダー、タイムキーパーを決めて、「独創性」や「ユニーク性」を競いあいました。 ゲームを遂行する中では、チームワークが必要となる場面が多々あり、その中で、メンバーの協調性が見られたり、お互いの意外な表情や性格が垣間見られたりします。

その盛り上がりはスタッフが想像した以上! どのチームも作戦タイムは真剣な眼差しで、そして、ゲーム中は、チームメンバー同士でコミュニケーションを楽しみながら、賑やかな空間が創られていきました。

チームビルディングゲームに参加した社員からは「こんな企画初めて!」「チームで集中できた」「作ることが楽しかった」 といった感想が聞かれました。

この特別な企画以外にも、参加者が笑顔になっていたのは、現地入りした出張シェフがその場で焼いてお出しするお肉料理の数々。「チキンフリッター」の「ジュー」という音や、腸詰から手作りで作ったソーセージを焼くにおいに参加者も待ちきれず、急遽、運営側が、ゲームと食べる順番を変更したほどでした。温かいお料理は温かいうちに食べるのが一番ですものね!

前回開催のフレンチの会とは全く違うコンセプトのテーブルコーディネートに、写真を撮る参加者もたくさん見られました。

今回のお料理メニューはお二人のシェフのコラボレーションです。

出張シェフとして現地でお肉料理を焼いていたのは下記のメニューで尾長シェフ。

・チョリソーとサルシッチョンの盛り合わせ

・お野菜のスペインオムレツ

・生ハムのクリームコロッケ

・鶏ハム

・チキンウィング

・手作りソーセージ

・イベリコ豚のロースト

・3色おにぎり

そして、アペタイザーやサラダを用意してくれたのは、いつもオーガニックの色とりどりのお野菜を仕入れてナチュラルフレンチを提供している聡美シェフ。

素敵なお料理空間があるからこそ生まれるコミュニケーションは、自然に人と人を結びつけます。Green Diningの料理を活用したームビルディングプログラムって一体どういうもの?と気になった方、ぜひ一度、ご相談くださいね。

 

TOP