CASES事例紹介

大型グローバルカンフェレンスの裏側で

桜が美しく咲く4月の東京。世界をリードする経済界のリーダー、イノベーター、起業家が一堂に会するグローバルカンファレンスが都内の大手ホテルで2日間に渡り行われました。国内外からの豪華登壇者と参加者が集うそのカンファレンスで、通常のランチに加え、ベジタリアン用のランチ2種も含めて、2日間で合計3,400食のランチパックをご提供しました。

ランチコラージュ-small

ご注文主であるカンファレンス事務局様からは、セッション会場の座席でも召し上がれるよう、できるだけコンパクトで煩雑にならずに食べられるものをとのご要望。ご注文を頂いてから本番までの時間が非常に短かったので、プロジェクトマネージ、料理、パッケージ、運搬、ゴミの回収など、それぞれの担当者が限られた時間の中でできる最大限の力を発揮しました。複数のお料理提供者選定・手配に始まり、ランチパックの内容の検討、試作、試食、パッケージ、ロジスティックスの調整、安全に関する種々の確認、時間調整、当日の商品搬入、納入、商品検品の立会い、カンファレンス運営業者やホテル側関係者とのこまめなコミュニケーションなどなど、お食事周りだけでも実はやることは沢山あります。会の主催者様は通常カンファレンス本体の準備で多忙なため、意外と手間のかかるお食事の手配は専門家に任せてしまいたい、とよく言われます。お任せ頂ければ、主催者様は他の大事な仕事に専念できます。

イベント終了時には、主催者のみならず、ベジタリアンランチパックを担当したシェフからもこんな嬉しいお言葉を頂きました。「未だかつてない量のお仕事。達成感が半端ないです。お仕事を下さる方々、野菜を届けて下さる方、ヘルプを要請すると手伝ってくれる仲間、応援してくれる友達。皆さんに支えて頂いていることを実感しました。いつもありがとうございます。」

裏方のお仕事とはいえ、関わってくださった方全員が質の高い仕事をしてくださり、身の引き締まる思いで取り組めた2日間でした。

TOP