CASES事例紹介

仲間と過ごす聖夜のお料理

2016年12月25日、銀座の地下1階にあるリクルートMedia Technology Labには、こんな楽しいクリスマスの過ごし方もありました。

ポップなクリスマスソングが流れる温かい雰囲気の中で、約40名の参加者全員が赤のサンタ帽を被り、クリスマスのシャンパンを飲みながら、「聖夜のアイデアソン – Pepper Loves LINE BOT」は開催されました。部屋の電球はグリーンと赤に照らされ、参加者は活発に自由なアイディアを出し合ってクリエイティブな時間を過ごしています。

表彰式後の懇親会を盛り上げるべく、今回Green Diningから用意したのは、クリスマスにあった飾り付けとお料理。アイディアソンに集中して取り組んでいた参加者も、いい匂いと共に会場の後ろでお料理の準備が始まると気になり始めます。

お出ししたのは、スティック野菜の豆腐クリームディップ、クリスマスらしいグリーンのソースを添えたミニロールキャベツ、チキンインボルティーニ、フジッリキノコクリーム、そして、ローストビーフ、岩手県最高級銘柄豚と言われる『岩中豚』のグリル、と盛りだくさん。その日は外の気温は5度。少しでも温かいものをと、カセットコンロを用意し、岩中豚には現地で火が通され、ジューという音と共にお肉の匂いがしてきて、参加者からも「いいにおい、お腹空いてきた!」という声が。

さらに、この日はクリスマスイベントということもあり、特別なサプライズを用意していました。今回のアイディアソンの主催者であるソフトバンク社のPepper君とLINE社ロゴの入ったクリスマスケーキを特別にご注文いただいていました。「ペッパーかわいいー」今宵限りの特注ケーキの写真を撮って、参加者が次々にSNSにアップすることで、このアイデアソンの情報が拡散されていきます。

Green Diningが飾り付けたトナカイや卓上のライトも手伝い、聖夜のアイディアソンは暖かい空気に最後まで包まれていたのでした。

TOP