CASES事例紹介

おばんざいの日本庭園

2016年12月5日、高層ビルが立ち並ぶ西新宿。大手金融会社様のビルの15階。全面ガラス張りの可動壁で仕切られた広々としたオープンスペースにて、他部署からのメンバーを迎えての新チームのキックオフミーティング。

今後の方針説明などの後は、ワインやビールを飲みながら語らう時間。テーブルと床の木になじんだ木の板をいくつも重ね合わせた上に、日本人なら食べ慣れている和のおばんざいが次々に並べられ、待ちきれない参加者の空腹を満たす準備が整えられます。メインの茹で豚に和えられた春菊について、「春菊って生で食べると実は苦くないんですよ」と教えてくれたのは、今回の斬新なデザインの提案者でありお料理と空間を作り上げた出張シェフのふみさん。

メインは茹で豚と春菊のサラダ、鯖の塩焼き、そして、一人用に取りやすく盛り付けられたふろふき大根、なすの田楽、いんげんの胡麻和え、出し巻き卵、ほうれん草のおひたし、きんぴらごぼう、日本人なら誰もが好きなおばんざいの数々と、デザートには白ワインゼリー。カメラを取り出し、写真を撮る参加者が多く見られました。また、新しいメンバーが一つのチームになって一緒に仕事を楽しく進められるよう、一つ一つの料理に丁寧に思いを込めたお品書きを熱心に見入る参加者もいました。ブラックボードに貼りだしたお品書きには、新しいチームとメンバーひとりひとりの成功を願う各おばんざいに込めたメッセージを添えました。

今回は、シェフのお料理に加え、乾杯のシャンパン、酎ハイ、ワイン、ビール、ウーロン茶などのドリンクもご用意しました。シェフに話しかけたり、思い思いのお料理やドリンクを片手に未来のテクノロジーを語ったり、楽しい懇親の時間はあっという間に過ぎていきました。

TOP