CASES事例紹介

IT会社主催のハッカソンでHave fun!

2016年10月16日、銀座。米国IT企業主催のハッカソン。運営企業のご担当者様からご要望されていたテーマはズバリ「アメリカン!」。「こういうIT系イベントでお料理を用意する時、いつも何をどこに頼めばよいかわからなくて。。結果、いつもピザかお寿司になっていたのですよねぇ。」 また、何か主催者様のロゴの入ったものを入れられないでしょうかというご希望にもお応えし、豚のコンフィーをメインに、冷静パスタ、バーニャカウーダ、アボカドのワカモレにタコのマリネなど、生野菜と果物をふんだんに使った華やかでポップなテーブルになりました。イメージにあった空間とお料理をデザインし、準備し、調理し、当日の盛付の総指揮を執ったのはさおりん。調理は当日、フルーツは開催直前に現地で切っているので新鮮で美味しく仕上がりました。

「美味しいだけじゃない。おしゃれー!見た目も綺麗で気分が盛り上がる!」
「最近お野菜不足だったので、たくさんいただきました!」
という参加者からの声や、写真を撮ってその場でSNSにアップする人、お料理の各テーブルを囲んで盛り上がる皆さんを見ながら、会場全体がハッピーな雰囲気に包まれました。

今回は日本酒のスタートアップWakazeさんも商品の紹介をされ、最後にはハッカソンの表彰式と続き、活気溢れる楽しい空間を共有することができました。

Hackathon(ハッカソン)とは
ソフトウェア開発分野のプログラマやグラフィックデザイナー、ユーザインタフェース設計者、プロジェクトマネージャらが集中的に作業をするソフトウェア関連プロジェクトのイベント。(ハッカソン – Wikipedia)
今回のハッカソンはこちら >> http://mashupaward.jp/2016/10/hackathon-facebook/

TOP